指名できない風俗店見つけた

有休をもらってもやることがない

ありがたいといえばありがたいんです。有休をもらえるのは、もらえない会社だって多々ある事くらいは分かっているので、もらえるだけでもありがたいのは重々承知しているんですけど、急にくれるんですよ(苦笑)例えば一週間くらい前から「この日は有休をどうぞ」みたいに言ってくれれば計画も立てられるじゃないですか。でも、前の日くらいに急に「明日有給使って下さい」と言われても、さすがに何も予定がないですよね(苦笑)だから結局風俗で遊ぶことが多いです。それもある意味ではぜいたくなので、最近ではいきなりもらう有休の使い道は風俗で落ち着きつつあります(笑)それに、その点は風俗の強みでもあると思うんですよね。前もって予約しておかなければ使えないサービスって訳でもないですし、それこそいきなりお店に足を運んでも、状況次第ではすぐにでも遊べるじゃないですか。本当は旅行とかしたいんですけど、まぁ昼間から風俗で遊べるのもそれはそれで贅沢ですよね。

太ももフェチなんですよ

太ももフェチなので、風俗嬢と向き合った時、一番気になるのはやっぱり太ももなんですよ。太ももの弾力や、筋肉とのバランス。これらが気になるんです。肌艶もありますし、筋肉との兼ね合いなど、いろいろと見るべき部分はあるんですけど、この前遊んだ風俗嬢は太ももの裏側にほくろがあったんです。この位置にほくろのある子は、風俗だけじゃなく人生に於いても初めてだったんじゃないのかなって。それくらい刺激的でしたし、それに若いからと言うのもあって太もももすべすべなんですよ(笑)奉仕してもらうとかじゃなく、あのスベスベの太ももを見れただけで彼女を選んで大正解だなって思いました。それに、太ももフェチとして最高峰とも言うべき太ももに挟んでもらってのプレイも味わえました。ローションを使いつつ、素股ならぬ素太ももというか(笑)これは自分でも大好きなもので、良く遊んでいるんですけど子の時の弾力もとっても素晴らしくてフィニッシュとなりました。